アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ときどき野虫の会
ブログ紹介
我が家の小さな庭の小さな住人たちや散歩で出会った生き物たち、木々や花々のブログです
zoom RSS

オオミズアオ 羽化して夜空へ旅立った・編

2017/08/18 00:41
※「緑の大食漢〜繭を作った・編」の続き。
繭になって1週間後:繭に変化なし。
2枚の葉っぱと主軸の細枝で作った繭。作った時は緑でイキイキしていたご飯の葉っぱも数日でカサカサになり、細枝もなんだかカビっぽくなってきたので、繭が落っこちないように竹串と枯葉をくっ付け直しました。
あんまり振動を与えないように気を付けたのですが、異変を察知して中で暴れて繭をブンブン揺らして威嚇してました(中で体が繭に当たってガサガサパリパリ音がして壊れるんじゃないかと心配になるほど。あれだけ揺れたら鳥もビビって逃げるかもね。
竹串を付けた枯葉の繭を、植木鉢に刺して軽く網を被せておきました。↓こんな感じ。
画像

そして、
繭の完成から29日後(孵化してから78日後):雨が16日間も続いた東京にようやく少しの曇り空の中、無事に羽化しました!
女の子。開長は9.5cmほど。とっても綺麗です。
画像

顔アップ♪
画像

背中の毛。哺乳類みたいにフワフワだわ。
画像


・・でも実は、羽化は見られませんでした。。
中身が見えないのでチョウと違って予兆が分からないのが歯痒く、、蛹になってから3週間を過ぎた頃からは、なるべく注意して夜中に音がしないか耳を澄ましたりしてたのですが、今朝起きたら葉っぱに穴が空いていた。きっと今日の明け方に出たんでしょう。
これがその葉っぱの穴↓。1cmくらい。
画像

画像

でも本人がいない!囲いの網を緩くしすぎたので隙間から出たらしい。なので、朝から家中を探し回ることに。。
我が家は吹き抜けになっているところがあったり、部屋のドアというドアがほぼ開きっぱなしだったので、とにかく隅々探し回ったら、2階の部屋の天井近くに止まっていました。気が付くの遅くなってごめんね。
画像

とりあえず、すぐ外に出してあげたかったので庭のハナミズキに止まらせておいた(写真を撮ってから。
お散歩の準備をしてオオミズアオ母さんを拾った公園に連れて行ってあげる予定だったのですが、虫かごに閉じ込めると羽が痛んで可哀想かなぁと思い、悩んだ末にこのまま見守ることにしました。公園はウチから近所だし、たぶんココが居心地悪かったら日が暮れた頃に行動するでしょう。
画像

そしてその夜、19:00に確認に行った時は動いていなかったのですが、22:00に確認に行くと姿はありませんでした。ついに旅立ったんだね。いいお相手に出会えたらいい。
なんか卵から無事大人になって旅立って、嬉しくて泣けてくる。晴れ晴れとした寂しさが残るなぁ。

《余談》朝からバタバタ駆け回っている間に、クロアゲハのメスとナミアゲハのメスが羽化してました。2頭とも元気。不思議と雨が止むのを待っていたかのようです。
こちらもいいお相手を見つけて戻って来てくれたら嬉しい。
画像

にほんブログ村 その他ペットブログ 蝶(チョウ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


スズムシ 涼を呼ぶ音色・編

2017/08/13 23:06
ご近所さんにスズムシを10匹ほど頂いた。その際はまだ幼齢だったのだが、先日ついに1匹目が鳴き始めました。始めこそ下手くそだったが、数分鳴き続けるとかなり大きないい音色で鳴くようになった。
こちらはオス。背中が真っ平ら。
画像

こちらはメス。まだ羽が小さくて産卵管が短いからこの子はもう一回脱皮すると思う。
画像

オスはどうやら1匹だけで残念なのですが、毎晩よく鳴いてくれます。窓辺の風鈴とスズムシの音色だけで暑さが和らぐって、不思議ですね〜(日本人特有なのかなぁ。
では、そんな我が家のスズムシ君がメスに猛アピールする美しい鳴き声をお聞きください。


彼らが庭で鳴いててくれたら嬉しいのだが・・ワタクシの住んでいるところでは全く聞いたことがない。。スズムシってちゃんと野生で生きているんだろうか・・。絶滅とかしてないだろうかと心配してみる。
小さい時にもスズムシを飼ったりはしたけれど、それを庭の草むらに放してみても生き延びた子は誰もいなかった。暑すぎたり乾燥しちゃったり大雨来たり食べられちゃったりするんだろう、庭とは言っても人工の自然で育てるのは難しいのかねぇ。でもプラケースで管理してても難しいスズムシの繁殖。(ワタクシの愛が足らないんだろうな。。

今日も我が家の窓辺では風鈴とスズムシが涼を運んでくれます。
まぁ、最近の東京は曇りや雨ばかりでそれほど暑くもないですけどね。。
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


スカシカギバ 美しき透かし模様・編

2017/08/01 01:06
画像

初めて見る綺麗な蛾に出会った。羽に大きな透かし模様がある綺麗な蛾。羽を広げた姿は3cmくらいだろうか。ちょっとだけ虫かごに入れて観察、調べると、スカシカギバという名前でした。(たぶんオス
画像

幼虫の食樹はクヌギやコナラなど公園によくある木で、葉の上で鳥のウンチのふりをして過ごしている。ちなみに成虫は「食事しない」とか「不明」って書いてあったりしてよく分からないけど、口はあったしピコピコ動かしてたから樹液とか舐めるのだろうか?それとも口の形はあるけど別にもう食べないのかな?
画像

ともあれ短い命ですので、少し観察したのちにお別れしました。
今度は是非ウンチのふりした幼虫に出会いたい。
にほんブログ村 その他ペットブログ 蝶(チョウ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


ツツジコブハムシ ムシクソ空を飛ぶ・編

2017/07/25 17:17
ムシクソハムシという大好きな虫がいる。そのお仲間のツツジコブハムシです。ツツジムシクソハムシと呼ぶ人もいるみたいです。
↓ツツジの葉にくっついてる2つの点が彼らです。
画像

卵も幼虫も蛹も自身のウンチでカプセルを作ってツツジにくっついて生活しているんだって。そして成虫はまさに虫の糞。触るとコロリと落ちて「糞です」と言わんばかりです。
コロコロ何匹か手に乗せてみた。虫の糞っぽい。
画像

しばらくすると、ピタッと畳んでいた短い足をニョコニョコ出して歩き出しました。虫だね〜♪
画像

動画も撮ってみました。(※音楽鳴ります
ムシクソのくせに飛びますよ〜♪


そしてこれ↓が幼虫。ウンチカプセルの中で暮らす(ミノムシみたいです。試しに引っ張ってみたけどしっかりしがみついているのか取れませんでした。
画像

天井が無いウンチカプセルもあったので、羽化をした殻だろうと思う。他にも天井はあるけど針穴みたいな穴が空いてるカプセルも沢山あったので、宿りバエとかハチとかに食べられてるのかもしれない。

彼らが居たエリアのツツジは・・つるっぱげ。
画像

ツツジコブハムシの発生だけでこんなに見事に禿げるかなぁ・・それともいろんな芋虫が集中してここに発生したのだろうか。ツツジ好きには害虫なんでしょうね、見た目カワイイけど。
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


オオミズアオ 緑の大食漢〜繭を作った・編

2017/07/21 01:55
※「なんとビッグな6齢になった・編」の続き。
孵化39日目:じっとしてると6cmくらいなのですが、、
画像

動き出すと余裕の8cm越え♪
画像

孵化41日目:本当によく食べる。ご飯が無くならないように気をつけないと。
↓食べてる6齢の動画です。(※音楽鳴ります


孵化43日目:毎日昼も夜も黙々と食べ続けています。
気付けばじっとしてても8cm超え。
画像

孵化45日目:今日は体重測定をしてみたら、10.2gもあった。
(捉まってる枝ごと測定11.3gー枝1.1g=体重10.2g)
画像

孵化48日目:6齢になって12日目の朝、いつも前日の夜中に入れたご飯がかなり減るのに、今日は減ってない。
画像

その後、脇にある少し太い枝に移動して、動かず。大人になる準備を始めたんですね。
孵化49日目:am0:00くらいに見たら頭の方が少し色が変わってきた様子。もうあの透明感のある綺麗な緑とはお別れなんですね。
画像

am3:00
全体がほんのり赤らんだ。そして動き出した。いよいよ繭作り開始です。
画像

ところで。調べてみると繭作りに動き出す前に「下痢便する」とあったのですが、この子は粘膜被ってる形のある便をしました。↓コレを20分〜30分くらい前に出した。もっと後で下痢便するのかな?
画像

am3:20
止まっていた細い枝を往復して、この場所でいいか確認しているようでしたが、そのままその枝を足場にして、側にある葉を糸を吐きつつ寄せていきます。6つの手でグイッと葉っぱを引っ張る。大変そう。
画像

am4:00
ようやく少し体を隠せるくらいになった。
画像

am5:00
作ってる間にも体の色変わっていってる。休憩なのか葉裏で30分ほど動かなくなり、ますます体が茶色くなりました。ここらで下痢便するかとも思ってたのですが、しませんでした。
画像

am6:00
動作再開。繭を作る為の下準備を念入りにしている模様。
動画少しですが撮りました。(※音楽鳴ります


am7:00
ゆっくり、たまに止まりつつも、ようやく葉っぱで自身をくるりと隠すことができました。足場にしていた枝に周りの葉を数カ所止めてゆったりとした葉っぱのゆりかごの完成です。これで下準備は完了ですね。
画像

それ以降は中でず〜っともそもそ動いているようで、時々カサカサ音もしてるんだけど姿は見えません。本格的に繭を作り出したのだろう。
pm13:30
葉の折れ曲がった狭い隙間から中を覗くと、まだまだ全然空洞で、糸を吐いている顔が少し見えました。全部糸で覆うのは時間がかかりそうです。頑張れ。
画像

pm17:00
先ほどの隙間から糸がかすかに見えるようになりましたが、まだ中では動いています。姿はもう見えない。
pm20:00
静か。隙間から糸が網目状に見えます。
画像

動きもないようなので、これで繭は完成なのだろうか。
ここからジィっとして前蛹になり、さらにジィっとして蛹化する。音が聞こえればいつ蛹化したとか分かるかもしれませんが。
(そしてこの翌々日の昼(つまり孵化51日目)、繭を脇に置いて本を読んでたら、カサカサパリパリっと音がして少し繭が揺れました。ほんの50秒ほどで静かになった。蛹化したと思われます。)



アゲハチョウたちは前蛹になる前にしばらくジィッと動かなくて→その後下痢便をして動き出し→場所を決めて前蛹→蛹になるけど、オオミズアオも同じなんですね。ジィッと動かなくなって→その後下痢便(or軟便?)をして動き出し→繭を作ってその中で前蛹→蛹になる。
お仲間のヤママユガ観察事典に細かく写真が載っているのを見たけど、ヤママユガは繭を作るのに3日もかかり(とてもしっかりした繭なので手間も時間もかかる)、その後は中でぎゅっと縮まった前蛹になり、1週間後くらいにやっと蛹化するのだそうだ。
オオミズアオの場合はどうだろう・・と、繭の中を開けて見てみたい衝動に駆られるが、そこはグッと我慢です。せっかく保護したのに万が一にも羽化の妨げになってはいけないので。(←オオミズアオ母さんに卵を託されたワタクシとしてはね〜。そんな事情は過去ログ「空から母が降って来た・編」をご覧ください。

あとは無事羽化を待つのみ。
羽化の時期は、蛹化後3週間〜1ヶ月強、と幅があるようなので、いつになるかは分かりませんが楽しみです。
にほんブログ村 その他ペットブログ 蝶(チョウ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


オオモモブトスカシバ 毛皮のマント着たみたい・編

2017/07/16 01:09
先日、家の外壁にモフモフした茶色いものが止まっていた。
おそらく蛾。だが、写真を撮ろうと急いで部屋にカメラを取りに行ったが戻ったら居なかった。残念。
でも、姿や大きさが似ているものに心当たりがあった。
もしかすると、昔我が家に迷い込んだアイツじゃないのか?と。
アイツとは、この子↓。オオモモブトスカシバ。
画像

羽とかマントに見えるそれは、脚(腿)にフサフサの毛が生えていてそう見える。「スカシバ」の名の通り、羽は透明なのです。
以前(9年くらい前)に、蜂のような蛾のような、暑いさなかに毛皮のマントを羽織ったみたいな姿のモフモフした虫が家の中に入り込んでいて、その存在を初めて知ったのでした。でもこの時以降会ったことがない。今回見かけたのは本当にこの子かどうかは分からない。
でも、幼虫の食草はウリ科のカラスウリ類って書いてあったので、ウチの近所にもカラスウリならあるから可能性はあるかなぁと思う(キカラスウリによくいるようですが近所にあるのかな。
もう一回会いたいなぁ。
にほんブログ村 その他ペットブログ 蝶(チョウ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


オオミズアオ なんとビッグな6齢になった・編

2017/07/08 22:46
※「もりもり食べて巨大化中・編」の続き。
5齢になってからはあまり動き回らずによく食べるようになりました。
写真を撮ろうと思って少し揺れると、すぐに警戒態勢になって縮こまっちゃってたのが、この頃は体をブブンッブブンッと振って威嚇します。重量感があるアタックで、手に当たると痛い。
不機嫌だと(?)口をカチッカチッと鳴らして警戒音を出すことがあります。とても小さい音。何の音に似てるかなぁと考えると、親指と人差し指の爪の先っちょを弾いた時のような音・・が近いかな。

孵化32日目:だいぶ大きくなりました。約5cmくらいです。
画像

孵化34日目:なんだか1日ごとに太くなってる気がします。
↓動く5齢の姿です。新しい葉っぱを入れたらどこから食べようかと物色してるところです。(※音楽鳴ります


孵化35日目:am11:00ごろ、葉っぱの傍のガラス棒に体を固定したまま糸を吐くような姿が見られた。
画像

その後pm16:00頃から動かず。なんだか脱皮の時の様子に似ているが。。
画像

孵化36日目:am11:00。動かず。
画像

孵化37日目:am10:00の姿。脱皮しました!6齢です。
画像

なるほど、2日前にガラス棒に糸を吐くような姿が見られたのは、脱皮準備に位置確認とかグリップ効かせる為だったのかもしれない。体大きいしね。
今回も2時間ほどすると脱皮の皮を食べる為に向きを変えましたが、食べようとした時に下に落ちてしまったので食べられませんでした。その後すぐに傍にある葉を食べ始めたので、脱皮後はやっぱりなんか食べたいんですね。(丸2日も絶食してたからね〜。
コレ↓残った皮。すごい毛むくじゃらです。
画像

孵化38日目:黙々と食べ続けて太く大きくなってきた。6齢になって少し透明感が減って、重厚感がでたかな。
画像

そしてなにより顔が大きいです。カワイイ。
画像


ところで。
オオミズアオの終齢幼虫って6齢なんですね〜。6齢の子もいるというべきか。5齢〜6齢でバラバラなのだろうか。
あれだけ大きな体だし、食糧事情や場所によって臨機応変なのかもしれない。もしくは、成体になる季節が初夏出現の子なのか夏出現の子なのかによって終齢の年齢が変わるのかもしれない。もしくは、単に個体差か。
もっと沢山育ててみないと分からないけど、、まぁ、もう卵は手に入らないだろうからなぁ。残念。

じつは今回、色々な方のオオミズアオ飼育観察記録をネット上で読んでいて(とくに卵から飼育している方のを読んで)「5齢が終齢幼虫」と勝手に思い込んでいました。
なので、今回は脱皮じゃなくて繭を作るかな?と思っていたので、脱皮して6齢になったのは嬉しい誤算でした。

またご飯を沢山食べてもっと大きくなって羽化に備えてもらおう。
にほんブログ村 その他ペットブログ 蝶(チョウ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ときどき野虫の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる